お前のネットショップはもう...オープンしている

お前のネットショップはもう...オープンしている複数の業者と契約完了。取り寄せマーケティングで行くと決めた人であれば、輸入代行業者も決定し、仕入れルートが確立した。

即納で行くと決めた人であれば、売れそうな商品の仕入れが完了した。

さてと、オープンはいつにするか。

色々な区切りがあると思う。例えば、

  1. 完全にショップが完成してから
  2. 役所の手続きが終わってから
  3. 商品を全部アップしおわってから
  4. ショップ全体の雰囲気に自信が持ててから

私の経験で言えば、多くの人が、完全に準備が整うまでオープンしてはいけない、または、オープンしたくない、と考えている気がする。

でもこの考え方には、大きな問題が潜んでいる。なぜなら、

私たちがオープン日をいつに決めようが、実はホームページを開設した瞬間に、既にショップはオープンしてしまっている!から。

ケンシロウに言わせれば、「お前はもう...オープンしている」。とうことだね。

解説しよう。

ショップをレンタルしたり、ホームページを作りながら最初の骨組みをアップロードしたりした瞬間、あなたの存在はオンライン上で誰でもアクセスできるようになる。

「準備中です」という画面を表示しても、アップロードした時点でその画面に中国からでもロシア、アメリカ、北海道、沖縄、東京からでも、とにかく世界中からアクセスできるようになる。

ポイントは、誰でもアクセスできる状態になった時点で、すでにあなたのショップは実質オープンしてしまっていると言うこと。

「でも、買い物が出来なければ、オープンしたとは言えないんじゃない?」

という声が聞こえてきそうだけれど、そんなことはない。誰かが間違ってあなたのショップにアクセスした瞬間、その誰かにとってあなたの未完成ショップは、その名の通り「未完成」に写るんだ!

「だって本当に未完成だし、まだオープンしていないから...」というのはショップ側の勝手な理由であり、オンラインにアップした時点で、あなたのショップは既にオープンしているのと同じ。

偶然アクセスした人にとっては、中途半端なショップは「怪しいショップ」であり、「今後はリンクを見つけてもアクセスしないショップ」として認識されるかもしれない。

では、完全に準備が整うまでショップにアクセスできないようにしておけばいいのか。と言うと、ことはそう単純じゃない。

なぜなら、「完全に準備が整う」などということは絶対にあり得ないから。

どこかで妥協点を探して進めていかないと、永遠に準備し続けるネットショップになってしまう。実際、半年も1年も、準備し続ける人がいるけど、私に言わせれば本当にもったいない!

結局、「完璧なショップ」などどこにも存在しないし、もし完璧に限りなく近づくことが出来るとすれば、それは自分で完璧を目指すのではなく、お客さんに手伝ってもらいながら完璧を目指すのが最短なんだ。

ショップをオンラインにアップした時点が、最低の場所であり、そこから改善し続ける旅が始まる。下手に自分の趣味で完成させてしまうと、逆にマイナスからのスタートになってしまうかもしれない!(実際にそういう例はたくさんある)

お客さんにショップの改善を手伝ってもらうには、とにかくベーシックな状態でショップをオープンして、お客さんの反応をみながら改善していくということ。

そうすれば、何ヶ月もかけて「お客さんの買い物の邪魔をする」ショップを作って、オープン日にマイナスからスタートすることも無くなる。

今からネットショップを始めるなら、私が考えるベストなステップは、

  1. 可能な数だけ業者を発掘して契約する
  2. ショップ一体型のショッピングカートをレンタルまたは購入
  3. 法規、プライバシー、ショップ利用法、購入方法、支払い・お届け方法、
    返品についてなど、必要最低限の情報を明記
  4. 商品を可能な限りアップ開始、それと同時にオープン
  5. 商品をアップし続けながら、ショップの改善サイクルに入る

この例は、商品を仕入れないで始める取り寄せマーケティングを利用した場合の例だけど、実際に商品を仕入れる場合も大体同じだ。

更に、少し逆説的な話になってしまうけれど、私たちがオープン日をいつに決めようが、誰も気にしない!!!ということも覚えておこう。

オープンが今日でも一週間後でも、それを様々なメディアに発表し、プレスリリースを出し、広告を出し、などなどの資金的な余裕、そして話題性があるショップであればオープン日を軸に様々なキャンペーンが出来るかもしれない。

でもさ、実際問題、駆け出しネットショップにとって、そんなの無理じゃん?!

だからオープン日は自分にとっての期限以外の何物でもなく、お客さんのことを気にする必要はまったくない!!!

先ほどのステップを実際におこなうと分かるのだけれど、オープンしてもすぐにはお客さんは来ない。検索エンジンにインデックスされるのに数週間から数ヶ月かかるから、広告でも出さない限り、オープン日を境にアクセスが一気に増えるなんてこともない。

だから、できるだけとっととオープンしてしまって、日々少しずつ増えていくお客さんと一緒に成長していくのがベストな方法!!!マジだ。

そして、成長の段階を見ながら、(まだアクセス数が少ない場合は)時にPPC広告で集中的に集客して今までの結果をテストしてみる。更にそこで得られた情報でショップを改善していく。

もしあなたが、完璧を目指してなかなかオープンできなかったり、「フィーリング的にまだ人に見せられない」からオープン日を先延ばしにしているとしたら思い出して欲しい。

「あなたのネットショップはもう...オープンしている」

あなたが好もうと、好まざろうと。

清水勇二

追伸:
一度オープンしてしまうと、商品の追加以外に何もしなくなる人も多い!でもさ、ショップの継続的な改善は必須事項だぜ。


この記事をツイートする!
ネットショップ成功に役立つトピックを、ほぼ毎日メルマガでお届けします。日に2回送ることもあります。真剣にレベルアップしたい人だけ購読してください

  1. 一攫千金系・情報商材系を探している人
  2. お小遣い稼ぎのネタを探している人
  3. 商売人のくせに人の売込みが大嫌いな人
このどれかに当てはまる人は絶対に申し込まないように。悪いが俺に君を助けることはできん。ネットショップに人生かけてる人だけ申し込んでくれ。(プライバシーについて
Icon - Secure Lock

次の記事:

前の記事: