砂漠の真ん中 vs. 銀座の一等地

砂漠の真ん中 vs. 銀座の一等地あなたは誰のためにホームページを作っていますか?自分のため、それとも訪問者のため?

この質問に対する答えを聞くだけで、あなたが長期的に成功するのかしないのか十中八九判断できてしまいます。

詳しく解説します!

ショップのホームページでは、全ての要素が意味と目的を持っている必要があります。なぜなら、ほとんどの人が考えるのと逆で、ホームページ上のスペースは限られているからです。

ブラウザを開いた瞬間に見えるエリアを銀座の一等地と考えてみてください。人通りが多いので、そこに看板を出すだけでも人目に触れる回数は多くなりますよね。

逆に、ページをスクロールダウンしていけば行く程、人通りが少なくなり、最後は砂漠地帯が広がっているところを想像してみてください。砂漠に看板を立てても宣伝にはなりません。

訪問者の全てが目にする銀座の一等地で何を表示するかで、売り上げは大きく左右される、ということです。もちろん銀座の一等地が限られているように、ブラウザを開いた瞬間に見えるエリアも限られています。

それが分かると、思いつきで決めてよい要素など何もないことが理解できます。

どんなにあなたが気に入ったとしても、そのクールなバナーや、珍しい新着商品にお客さんが興味を持つとは限りません。いいえ、ほとんどの場合、あなたの興味はお客さんの興味には重ならないと思って良いでしょう。

ここに冒頭の質問が活きて来ます。

あなたは誰のためにホームページを作っていますか?
自分のため、それとも訪問者のため?

もちろん正しい答えは「訪問者のため」です。

では訪問者のためのホームページを作るために、一体どうしたら良いのか説明します!

  1. 訪問者が何を求めているのか突き止める
    • サイト内検索で訪問者が使っているキーワードを調べる
    • 訪問者が集中する人気ページを調べる
    • 検索エンジン経由の訪問者が使うキーワードを調べる
    • 問い合わせしやすい仕掛けをつくり、お客さんの生の声を参考にする
  2. ショップのホームページを銀座の一等地として扱う
    • お客さんがあなたのショップを判断する際に見るエリアは限られていることを念頭に、意味や目的が無いものをアップしない、「好きだから」という理由だけでアップしない
    • バナーやコンテンツを作り始める前に、目的と意味を明確にする
  3. 目的は達せられたか計測し、改善し続ける
    • 計測できないものは改善できない

新しいバナーやコンテンツをホームページに表示する際、そこを最低地点と考え、改善を繰り返しながら目的に向かって登りつめて行くのです。

もちろん目的地が無ければ、そこにたどり着くことはできません。

あなたのホームページに掲載されているバナーやコンテンツに、意味や目的はありますか?そして、これがもっとも重要なのですが、計測していますか?


この記事をツイートする!
ネットショップ成功に役立つトピックを、ほぼ毎日メルマガでお届けします。日に2回送ることもあります。真剣にレベルアップしたい人だけ購読してください

  1. 一攫千金系・情報商材系を探している人
  2. お小遣い稼ぎのネタを探している人
  3. 商売人のくせに人の売込みが大嫌いな人
このどれかに当てはまる人は絶対に申し込まないように。悪いが俺に君を助けることはできん。ネットショップに人生かけてる人だけ申し込んでくれ。(プライバシーについて
Icon - Secure Lock

次の記事:

前の記事: