過激に怒る試験官に学ぶネットショップ運営方法。

過激に怒る試験官に学ぶネットショップ運営方法。客商売って何だろう、と思ってブレーキを踏んだ。そしたら、「ちょっと、ちょっと!こんなところで止まっちゃ駄目だよ!!」と大きな声で叱られた。

スミマセン、スミマセン、とアクセルを踏んだら今度は「急発進してんじゃないよ!」と厳しい一言。

俺が免許センターで繰り返し受け続けている技能試験は、本物のポリスマンが試験官として助手席に座るのだけれど、どういうわけか、無闇やたらに怒られる、叱られる、つっかかってくる、といった印象を、初回からビシバシ受けた。

俺が何をしたと言うのか。

俺の16年間伸ばし続けているメタルの象徴であるこの長髪が、「この野郎、ポリスを挑発していやがるな!舐めるな辮髪(ベンパツ)メタル野郎!」と苛立たせてしまうのだろうか。

あるいは、証拠不十分で先日釈放された容疑者Aに俺がそっくりで、嫌な思いをさせてしまっているのだろうか。だったら仕方がない。我慢しよう...

とは、思わなかった。なぜなら答えは別のところで明白だったのである。

何回かの試験を繰り返すなか、外国免許を日本の免許に切り替えることは、ズルいこと、という誰でも知っている事実を俺は学んだ。

それまで全然知らなんだ。

実際に俺を担当したポリスマンから聞いたので間違いないと思う。

日本人が20万円から30万円払って免許を取得しているのに、ホンの数千円で簡単に切替ができたらおかしいでしょ?!大金を払った人たちと同じ技術が認められなければ、合格させるわけには行かないんだよ

うん、確かに正論だ。正論なのだけれど、俺は別に、うっしっし、日本円で20万円から30万円かかる免許費用を浮かして得してやる!!!香港、マカオあたりで豪遊してやる、とは思っていなかったので、すこしだけ憤慨した。

きっとそういう人もいると思うのだけれど、どちらかと言うと、日本の交通法規には疎いので、ビシバシ注意して欲しい!という意気込みで臨んでいるのだ。その証拠に、自動車学校にも自ら数回通って運転技術も学んだぜ。

あ、そうか!きっと、ズルガシコイ魂胆でこのシステムを悪用する人が現に大勢いて、そういう人達を調子づかせない様に、とりあえず全員に厳しくしておけ!怒っとけ!怒鳴っとけ!初回は必ず落としとけ!とりあえず性悪説で行っとけ!という感覚なのかもしれないな。

でも、それだと、真面目な人はたまらない...

だってよ、ポリスマンといえば公務員。究極のサービス業、客商売じゃないか...と考えていたのが冒頭の、客商売って何だろう、のフレーズである。

ネットショップに置き換えてみると、同じような現象が多々起こっていることに気が付く。

ショップを覗くと、「当店での禁止事項」が表示され、突然に怒られたような気持ちになったり。さあ、あと1クリックで注文完了だぜ!と言うところで、「イタズラで注文すると訴訟を起こします」などとドクロマークの告知文が表示されたり。

嘘だと思うかもしれないけど、実話である。

なぜこんなことになってしまうのか。もちろん、ずるい人が存在するからだろう。実際にネットショップを悪用、イタズラをする人が存在するからだろう。

でもね。そんなのは少数派であり、もし100人買い物にきて100人が何かしらの悪行を働くとしたら、それはショップの形態そのものにエラーがあるのであり、もはやお客さんの責任とはいえない。

それどころか、少数派に対する防御線を敷くことで、真剣なお客さんが何を感じるのか。ウキウキした気持ちで買い物にきたお客さんに、どんな経験を強いているのか、ということを真面目に考えねばイケん!

と思いながら、コンビニでツナマヨオニギリを手にレジに並んだ俺の目に、「万引きした奴は警察に突き出すだけではなく、その場でぶん殴ります!(怒)」の張り紙。

ギャフン。(実話)

清水勇二


この記事をツイートする!
ネットショップ成功に役立つトピックを、ほぼ毎日メルマガでお届けします。日に2回送ることもあります。真剣にレベルアップしたい人だけ購読してください

  1. 一攫千金系・情報商材系を探している人
  2. お小遣い稼ぎのネタを探している人
  3. 商売人のくせに人の売込みが大嫌いな人
このどれかに当てはまる人は絶対に申し込まないように。悪いが俺に君を助けることはできん。ネットショップに人生かけてる人だけ申し込んでくれ。(プライバシーについて
Icon - Secure Lock

次の記事:

前の記事: