嵐に折れない強い木になりたい俺。

嵐に折れない強い木になりたい俺。不況の嵐が吹き荒れるこの地球で、自分の身を守ることができるのは、もはや自分しかいないのでありました。

その考えが思いついてから腹に落ちるまでにかかった時間、72時間。プライスレス。

今まで、むやみやたらに人の言葉を鵜呑みにして来た自分はアホでした。

特に、メディアが垂れ流しにする言葉の背景には必ずと言って良いほど誰かの思惑が存在し、多くの場合、何かを売るための宣伝をまるで突然起こったニュースであるがごとく装飾して垂れ流す。

そんな予定調和を見ながら、おおニュースだ!と思って関心していた俺はアホでした。

事件事故の暗い話題ばかりを取り扱うのだって、一般大衆は人の不幸を好んで知りたがる習性があるので、視聴率を稼ごうと思ったら、本日3丁目の山田さんの家の軒先で鳩の赤ちゃんが生まれました、などというプチ・ハッピーな出来事を見つけてきて流すよりも、

本日3丁目の山田さんの家の軒先で鳩に驚いた山田五郎丸さん(89歳、無職)が置いてあった松明の破片に足を取られて転倒、救急車で中央病院に運ばれましたが危険な状態です。転倒の理由は鳩に驚いてハットしたことによる心臓麻痺でした

という不幸な出来事をしらみつぶしに見つけてきては、悲しそうな様相で発表するほうが視聴者ウケが良い、つまりスポンサーが喜ぶという経済の仕組みになっているので、いたし方がないと言える。

でもさ、俺は世界中の人の不幸をわざわざテレビや新聞で知らせて貰う生活よりも、幸せな出来事だけをお互いにシェアしていく生き方の方が良い!

だから今日から新聞もラジオもテレビも雑誌も書籍も見ない、読まない、買わないの「3ない運動」を実施します。ありがとう、ありがとう。と録音してポッドキャストで流そうかと思ったけどやめた。

なぜなら、幸せをシェアしたいと思っている俺が上記のような話題をシェアするということは、ある意味俺自身が社会の影の部分をわざわざ告発し、そしてその影の部分を普通に楽しんでいる人達に対して、突然冷や水をぶっかけるようで、それは何か主旨に反する気がするから。

そんなことよりも、もっと気にしなければイケないこともあるしね。

例えば、不況時に猛威を振るうのはリストラや給金カットの嵐だけではなく、この時期、詐欺師たちも水を得た魚のように大暴れする。ここぞとばかりに人の心の弱みに付け込み、言葉巧みに大金を奪い取っていく。

具体的な話でご説明差し上げれば、ネットショップを運営していると様々な業者から電話がかかってくる。殆どは真面目なセールスなのだが、時にめちゃくちゃ胡散臭いところからも入電がある。例えばこんなの。

毎月の売上100万円は軽いですね。他の利用者さんの多くは月商1000万円ですから、あなたも頑張り次第で毎月海外旅行へ行けるくらいのお金が稼げますよ。初回の費用は100万円です。

何を販売しているんだかよく分からないトコロからの電話が多いのだけれど、とにかく確実に稼ぐためのネットショップと商品をセットで用意してくれた上に、費用として100万円払えば毎月1000万円稼げるショップを俺に代わって運営してくれるらしい。

でもな、そんな上手い話がこの世に存在するかぁ!!!!!!!!!!!!

そんなサービス、マジで誰も買わなきゃいいのになって思うけど、メディアが流す「都合よく取捨選択&ゴージャスに脚色されたニュース」に慣れっこの俺たちは、どんなに甘い言葉であっても「うん、うん、あり得るかも」「この方法なら成功しちゃうかも」などと本気で思ってしまう。

自分が置かれた立場がヤバければヤバいほど、胡散臭い話が真実に見えてしまう。お金が無ければ無いほど、大金をかき集めて来てドカンッ!と支払ってしまう。

でもさ、そんな簡単に儲かる方法があるなら、自分たちでバイトをやとって内緒で稼ぎまくれば良いのにね、という発想は、よっぽど心にゆとりがないと浮かんでこんのだよ。困っているひとは、信じたいことだけ見て、信じたいように信じてしまうんだ。

どうしたら今すぐに100万円を用意できるだろうか。そうだ友達に借りよう!数ヶ月で月商1000万円が確実なのだから100万円くらいすぐに返せる。うん、心配ない。うはは。貸してぇ~!!!

で、実際100万円を支払った直後に最初の異変が起こる。目からウロコが100枚くらいボロボロボロボロボロボロボロボロボロボロボロボロボロボロボロボロボロボロボロと落っこちて初めて気付く。

あれ?こんなんで本当に儲かるの?やばくねぇ?!これって詐欺?お金返して!!!

でも殆どの場合、正気に戻ったときはとき手遅れだ。金は返ってこないし親身に話を聞いてくれていた担当者さんは、何度電話しても不在…恐怖に顔を歪ませながら会社名をググッてみれば、ジャッキーン!!!この会社、詐欺で超有名ジャン、モランボン!!!!

という流れで、不況時には詐欺の被害が続出するのだね。だから君も僕もお互い甘い言葉には気をつけよう!!!イエス。

あとさ、単純な数字にも絶対にだまされちゃ駄目だぜ!当社は売上10億円ですから安心してください、などと言われて、おお、凄い!と驚くのは一般人。

年商なんてのはどうでも良いよ。儲けは幾らなの?と考えられるのが、真のビジネスマンであり成功するネットショップオーナーだと俺は思う。

だって考えても見てよ、ゼネラル・モータースの年間売上って16兆円だぜ。おおお!すっげぇ!!と思うよね。そんで、もしゼネラル・モータースが、「売上16兆円の国際企業が、ネットショップで稼ぎたい人を募集しています。費用は100万円です。安心できる大企業です」などと上の詐欺商法と同じような広告を出したら、速攻で申し込む人多いよね、きっと。

でもさでもさ、ゼネラル・モータースって売上16兆円に対して赤字3兆円なんだぜ!!!

俺たちは普段、売上ばかりを話題にするから年商10億円企業の御曹司とか、年商20億円のマダムなんて言葉にすぐクラクラきちゃうけどな、それって重要なことを見落としていると思うぜ、マジで。

不況、不況と騒がしい昨今、俺たちの目の前には甘い話がたっくさん現れては消えて行くだろう。売上何億円、一部上場企業、雑誌でも大絶賛などなど、信頼したくなる情報山積のオファーもたくさん目にするだろう。

でもね、絶対に忘れないで欲しいんだ。上手い話には必ず裏があり、でかい話には必ず誰かの思惑が隠されているってことを。

不況の嵐が吹き荒れるこの地球で、自分の身を守ることができるのは、もはや自分しかいないんだ。こんな状況で頑張っても仕方がない…と停滞する奴らが激増する今だからこそ、君と俺は亀のように黙々と耐え、少しずつでもいいから前進し続けようぜ!!!

清水勇二


関連記事:

この記事をツイートする!
ネットショップ成功に役立つトピックを、ほぼ毎日メルマガでお届けします。日に2回送ることもあります。真剣にレベルアップしたい人だけ購読してください

  1. 一攫千金系・情報商材系を探している人
  2. お小遣い稼ぎのネタを探している人
  3. 商売人のくせに人の売込みが大嫌いな人
このどれかに当てはまる人は絶対に申し込まないように。悪いが俺に君を助けることはできん。ネットショップに人生かけてる人だけ申し込んでくれ。(プライバシーについて
Icon - Secure Lock

コメントを残す

次の記事:

前の記事: