ニューヨークのグランドセントラル駅が凍りつく。

ニューヨークのグランドセントラル駅が凍りつく。同じ商品を扱うショップが乱立している場合、あなたの成功は「他店とあなたのショップは何が違うのか」という点にかかってくる。

実店舗であれば「距離」や「アクセスのしやすさ」が成功の大きな要因の一つになっていた。

でもインターネットショップの場合は距離的な差はない。だから普通と異なる「違い」を見つける必要がある。

検索エンジンの表示順位?アドワーズやオーバーチュアの表示順位?それとも雑誌広告?

これらのどれもが「違い」を作ることは可能だが、他社が比較的容易に(予算があれば)真似できてしまう点で問題がある。

安さ?ちょっともういい加減にしてくれよ~ Don’t get me started!

(中途半端に安くするくらいなら、めちゃくちゃ高い方が話題にはなるだろう)

以下のビデオは「人に伝えたくなる要素」で充満している。(1月31日にアップされたばかりなのに、既に1,117,508回も見られている)

見終わったらすぐに友達にメールしたい気持ちがムクムクと出てくるのを感じないだろうか。もしくは自分のブログにアップして記事を書きたくなるかもしれないね。

なぜか?他では見たことがないし、軽い話題としてしゃべりやすいトピックだからだ。気軽に「これみた?凄くない?」とメールできる内容だ。

あなたのショップにそんな「これみた?」「なんか面白くない?」とお客さんが思わず友達に伝えたくなる要素はあるだろうか?

その要素は「他店との違い」として目立たせることはできないだろうか?

※この記事は、他のサイト向けに2008年2月4日に書かれたものです。サイトの合併にともないこちらに転載しました。


“良い商品なのになぜか売れない...” を最短2週間で解消して売上げを最大2倍にする秘策、5つ

今なら上記タイトルの売上げ底上げマニュアルを無料で進呈中(通常価格:9,800円、Pdf:22ページ、オーディオ:3時間20分)

売上底上げマニュアル画像
  • かっこ良い店を作れば作るほど、逆に貧乏になってしまう理由とその解決策とは?!
  • 客が手ぶらで逃亡する理由をひとつ残らずあぶりだす「死体解剖テクニック」とは?!
  • 飛ぶように売れる店作りの必須ツール「カスタマーアバター」とは?!
  • ストーリーで死に筋商品を復活させる方法とは?!

などなど。

今すぐ下のフォームからご請求ください(期間限定)。定期的にメルマガもお届けします。

迷惑メールは送りませんので安心してお申し込みください。
プライバシーについて

4

次の記事:

前の記事: