プライベートジェットの売り方。

プライベートジェットの売り方。お客さんがショップに訪問したとき、どんなメッセージを表示するべきか。

例えば自家用ジェット機を売っているショップを考えてみよう。アドワーズ等の広告をクリックした見込み客がショップページに訪問したとする。

あなたが用意したページが開く瞬間に、見込み客の目に飛び込むべきメッセージは何だろうか?

それは...

「お客さんの頭の中に、すでに浮かんでいる質問に対する答え」

解説しよう。

例えば、「自家用機を普通の人が買って維持できるの?」とか「免許って簡単に取れるの?」「保管場所は?」「実際に買った人は、どんな人たちで、どんな風に使っているの?」などなど。

訪問者は広告をみた瞬間から、様々な質問が浮かんでいるはずだ。その答えを期待して、あなたが用意したページに訪れる。

そして、納得がいけば次のステップに行くかもしれないし、ブックマークしたり印刷するかもしれない。ブログで記事として書くかもしれない。

訪問者が求める答えを一瞬で伝えることができれば、お客さんは何かしらの行動をしてくれる。

では、広告からリンクされたページ(ランディングページ)が、訪問者の質問に答えないと何が起こるだろう。

「戻る」ボタンだ。

最近では少なくなってきたが、アドワーズなどの広告をクリックして開くページが、ショップのトップページということがまだまだある。

ノートパソコンを検索した時に表示される広告をクリックしたら、ノートパソコンの販売ページが表示されべきだし、特定の作家名を検索して表示される広告からは、その作家の作品が買えるページが表示されるべきなのに、だ。

(実際にお客さんの気持ちになって、ネットショッピングをしてみると、状況が良くわかるよ)

その結果が、ブラウザの「戻る」ボタンだ。

私たちは情報を検索していて、一分間に何回 「戻る」ボタンをクリックするだろう。私などは何十回だ!!

問題は、広告とランディングページの内容がシンクしていないことばかりじゃない。

私たちが作るページが、独り善がりな内容(デザイン、文章の書き方、レイアウト、ナビゲーションなど)になっているために、お客さんの質問に答える情報は十分にあっても伝わらないことも多いんだ。

ショップオーナーが覚えておかなければならないのは、人は求めているものしか見えないということ。

英語のナビゲーションはカッコ良いし、クールだ。だから山ほどのショップが使っているし、何の疑問も持っていない。

だけど、訪問者が求めている文字が「ショップについて」だったら、ナビゲーションに「About us」と書かれていても視界に入ってこないかもしれない。

お客さんが、注文前の最終確認として「返品条件について」を探しているとき、「Returning Items」という表示では見つけられないかもしれない。結果、売上を逃したとしても不思議じゃない。

奇をてらった「クール」なサイトは、お客さんにとっては 「何も見えない、分かりにくい」 サイトになり得ることを覚えておこう。何がどこにあるのかが伝わらなければ、情報の量や質など、もはや関係なくなってしまうのだ。

信じられない?

だったら、このビデオで実体験してみて欲しい。英語だけど内容は簡単です。まずは下のビデオを再生して、白いユニフォームを着たチームが何回パスをまわすか数えてください。

パスが終わると、画面の真ん中に答えが表示されますが、ポイントはその後です...

人は求めているものしか見えない

あなたは、お客さんが求めている物をお客さんが求めている方法で見せていますか?ヘルプが必要なら、ぜひこちらから声をかけてください

※ここからネタばれ注意※

英語が読みにくい場合は、この下に訳を書いときます~。ビデオを見終わった後にチェックしてみてね!

翻訳

0:01 タイトル:認識テスト
0:05 白い服を着たチームは、何回パスをするでしょうか?
0:31 ムーンウォークで横切る熊は見えましたか?
0:51 探していないものは、見落としやすい
0:57 自転車に注意してください

※このビデオは、ロンドンでの自動車と自転車の接触事故を減らすためのキャンペーン用に作られたモノだそうです。


この記事をツイートする!
ネットショップ成功に役立つトピックを、ほぼ毎日メルマガでお届けします。日に2回送ることもあります。真剣にレベルアップしたい人だけ購読してください

  1. 一攫千金系・情報商材系を探している人
  2. お小遣い稼ぎのネタを探している人
  3. 商売人のくせに人の売込みが大嫌いな人
このどれかに当てはまる人は絶対に申し込まないように。悪いが俺に君を助けることはできん。ネットショップに人生かけてる人だけ申し込んでくれ。(プライバシーについて
Icon - Secure Lock

次の記事:

前の記事: