全国安心ネットショップ保証協会

全国安心ネットショップ保証協会実家に、こんな内容の葉書が届いた。一瞬びびったが、ちょっと待てよ、こんな内容を葉書で普通送りつけるだろうか...

怪しい!

葉書の電話番号に今すぐかけたい衝動を抑え、ネットで検索してみたらば、架空請求業者として県のホームページに記載があった。

このサイトに詳しいが、いったん電話をしてしまうと、こちらの電話番号はもちろん、話の流れから他の個人情報(名前や生年月日)まで握られてしまうらしい...

途中で気がつけばいいが、普通は聞かれるままに答えてしまうだろうし、言われるままにお金を支払ってしまう人も多いはず。

ここで学べるのは、詐欺師はいかにも信憑性のある言葉を選び、根も葉もない内容を信じさせるのがうまいということだ。

(それが詐欺し足るゆえんなのだが)

葉書を受け取ったらどのように感じるか。その場で電話をかけさせるには、どんな文面が反応がいいか。電話の対応は、etc.

とにかく無の状態から人の興味をひき、信じさせ、そして動かすことにたけているのだ。

一方、ネットショップオーナーはどうだろうか。

多くは、根も葉もある、価値ある情報さえも、お客さんに伝えていない。

  • 資格
  • 運営年月
  • 受賞暦
  • 住所
  • お客さんの数
  • 注文数
  • お客さんの声
  • お届け方法
  • 仕入先
  • 製造者のこだわり
  • 運営者のこだわり
  • 他店との違い

などなど、詐欺師ならとっくに捏造して使っているような内容を、なぜか隠している。ショップに表示してあったとしても、すぐには見つけることはできない...

あなたのショップには、それを明確に表示することでお客さんの興味をひき、そして信頼度がアップするような要素はないだろうか。

あなたがもし詐欺師なら、ネットショップにどんな手を加えるだろうか。


この記事をツイートする!
ネットショップ成功に役立つトピックを、ほぼ毎日メルマガでお届けします。日に2回送ることもあります。真剣にレベルアップしたい人だけ購読してください

  1. 一攫千金系・情報商材系を探している人
  2. お小遣い稼ぎのネタを探している人
  3. 商売人のくせに人の売込みが大嫌いな人
このどれかに当てはまる人は絶対に申し込まないように。悪いが俺に君を助けることはできん。ネットショップに人生かけてる人だけ申し込んでくれ。(プライバシーについて
Icon - Secure Lock

次の記事:

前の記事: