喜ばせる

テクニック、心、そして涙の理由。ビジネスでよく、これをするとこうなるよ、こうすればもっと稼げるよ、といった、ある意味裏技と言っても良いようなノウハウを駆使して...

もっと言えば、普段からがんばっている人達が失敗を通して学んだノウハウの集大成から表面だけをすくい取り、それを自分のビジネスに都合よく当てはめようとする人達が市場を埋め尽くしていた。

其の様子を見ながら、俺は涙した。

涙の理由を分かってもらうためには、ある事件についてお話する必用があると思う。それは今日からちょうど3年と24日前の話。事件は魚屋組合の会合で起った...

さて、今日はこの辺りでお開きにしましょう...などと組合長が言い、帰途に着こうと皆がパイプ椅子から立ち上がろうとした其の瞬間、港町3丁目商店街で代々魚屋を営む魚田仁八(ウヲタジンパチ)さんが手を上げてこう言った。

「あのぉ...偶然発見したのだけれども...皆さんのお役に立てるかもしれねぇ情報があるッス」

仁八さん曰く、秋刀魚を買ったお客さんに、

お客さん目が高いね、その秋刀魚は他の秋刀魚と違って、ウマさが倍増だよ。どうして分かったの?選んだね、選んだよ。目がいいよ。と言うかお目が高いね。良い学校出てるだね、きっと。だったら、この大根も買うね。この大根、値は二倍だけど、この秋刀魚にはこの大根がぴったりだモンね。

そう言うと、お客さんは大根はもちろん、その他ニンジン、キャベツ、キャットフードなども同時購入し、顧客単価が最低で前月比2.5倍になってしまったという。

…続きを読む