モチベーション

中小企業の社長や個人ショップの店長が共通で抱える悩み

それは稼げなかったり、思うように社員や取引業者が動いてくれなかったりということよりも、ずばり家族が理解してくれない事。他人と多少の行き違いがあってもガマンできるけど、そもそも毎日がんばっている理由である張本人、つまり「大事な人」と心が通じ合わないのはマジで辛い。

他は全員敵でも、大事な人からは温かい声をかけて欲しい

震災前も震災後も変わらず一生懸命頑張ってきた。なのに震災後の業績不振は何なんだ!状況が状況だけに理解しなければならないのは知っている。こんな時に自分の店の売り上げを気にしてる自分が恥ずかしい。心が右へ左へ両極を交差する。心が砕ける。

でも、こんな時こそ家族に応援して欲しい。温かい声をかけて貰いたい。世間全体が売上げダウンなのだから、そんな状況でも諦めずに頑張っている私をもっと褒めて欲しい。声をかけて欲しい。

世間全員が敵になったとしても、あの人が褒めてさえくれればそれだけで幸せになれる。モチベーションも復活して、今まで以上に頑張ることができる。

でも現実は逆。チクチクと小言を言われる毎日

何も言わない時の視線は突き刺さるように痛い。息子は部屋に閉じこもり、飼い犬の佐助も俺の顔を見れば吠えやがる。何で私一人だけがこんなに辛い思いをしなければいけないのか!

...という風に悩んでいるあなた。その気持ちすごくわかるよ。きっとこれまで不平不満を言わずに一所懸命、頑張ってきたんだよな。本当に偉いよ。

でもさ、そんなことで悩むのってめちゃくちゃ勿体ないんだぜ。確かに褒めて欲しいけど(俺も社長だから気持ちは痛いほどわかる)、社長の仕事も店長の仕事も稼ぐこと。稼いで当たり前で、当たり前のことをして褒めて欲しいと思うのは、どうやら俺たち以外の人にしてみたら非常識だし理解しがたい事らしいんだ。だから悩んでも意味がない。悩むだけ時間が勿体ない。

不平不満は禁物。社長も店長も稼ぐことが仕事なのだ!

だから今日は、褒めて欲しいと愚痴を言う前にとにかく稼ぐ為のノウハウを解説するぜメンバーページやブログの読者から寄せられた質問をもとに、「ここを変えれば売上げが激増する!」というポイントを一緒に見て行こう。

震災後に激減した売上げを以前以上に増やすことができれば、こっちが望まなくてもベタ褒めしてもらえるかも知れない。「もうやめてェ!」なんて嬉しい悲鳴をあげながら楽しく仕事ができるかもしれない。

清水勇二

追伸:

ビデオの中で「震災後の自粛ムードの中で売上げを底上げするための緊急セミナー」についてお話しました。情報が欲しい人はこちらから普段使うメールアドレスを登録しておいてください。内容が確定次第お知らせします。