カイゼン

映画に学ぶ「顧客期待値の法則」俺たちが自分のポッケからお金を払って映画を見る時、その映像がまるで素人が携帯電話で撮影したような映像であり、

そして、圧縮しすぎて、まるで2匹のサルがお風呂のなかで喧嘩をしているような音声が乗っかり、

更には、俳優が緊張しすぎて文脈とは関係の無いところで大量の発汗、

ストーリーラインも、「時は江戸時代、一人の伯爵夫人がイギリスから浅草へと流れ着き、生きるために猿回しをしながら日銭を稼いでいた...と其の時、彼女の目の前に、その後の人生を変えることになる一人の若者が現れた...男は顔中にパズルのコマのような刺青をぎっしりと彫り込み、頭はスキンヘッド。腰にはキビ団子をぶら下げていた...」

などという内容だと、ハッキリ言って嫌な気持ちがすると思う。

…続きを読む