笑顔は磁石。

笑顔は磁石。ネットショップには店長の顔写真を掲載した方が反応が良くなりますよ

ネットショップのデザインを勉強したことがある人なら、何度も耳にしてきたフレーズだと思います。

(デザインと言っても「見た目」のデザインではなく、「売るため」のデザインの話です。その違いはまた別の機会にお話します)

ショップの裏側にいる人の写真を出すことでお客さんは安心します。同じようなショップが乱立しているとき、最後の決め手になるのは値段でもなく、ポイント還元でもなく、「安心」だったりするのです!マジです。

(「少し高いけど、こっちのショップで買おう!」と思うときはこの「安心」にお金を払っていると言えます)

では写真ならどんなモノでもOKかというとそうでもありません~こんな写真だったらアップしないほうが良かったのに、何てこともあるのです(T_T)

例えば、無表情な写真

これ、自分の写真だと分かりにくいのですが、殆どの場合、無表情は他人には怒って見えます。新聞記事で犯罪者の写真は必ずといって良いほど無表情ですが、ほぼ「怒って」見えますよね。

犯罪前にとった写真でさえ、新聞記者が無表情のものを選んでいるのか、「不機嫌」に見えます。(まあ実際に不機嫌かもしれませんが(-_-;))

逆に雑誌などで芸能人の写真を見ると必ず笑っています。笑っていない人の写真を見つける方が難しいくらいです。なぜでしょう?!

簡単です。通常、芸能人は私たちにどれだけ好かれるかで収入が決まるからです。つまり「印象」が成功の重要な割合を占めているのです。

実はネットショップ店長も同じだったりします。あなたがどんなに優れた商品を提供していても、素晴らしいサービスをしていても、利用していただかなければお客さんには伝わりません。

最初の壁を越えないことには、あなたの本当の良さは伝わらないのです。

だからこそ「印象」が全てなのです。あなたの写真は、お客さんにどんな印象を与えていますか?


この記事をツイートする!
ネットショップ成功に役立つトピックを、ほぼ毎日メルマガでお届けします。日に2回送ることもあります。真剣にレベルアップしたい人だけ購読してください

  1. 一攫千金系・情報商材系を探している人
  2. お小遣い稼ぎのネタを探している人
  3. 商売人のくせに人の売込みが大嫌いな人
このどれかに当てはまる人は絶対に申し込まないように。悪いが俺に君を助けることはできん。ネットショップに人生かけてる人だけ申し込んでくれ。(プライバシーについて
Icon - Secure Lock

次の記事:

前の記事: