高飛車ネットショップで稼ぐ方法、そっと教えます。

※このページでの教材無料ダウンロードは終了しました。いつも読んでくれてありがとう!!

高飛車ネットショップで稼ぐ方法、そっと教えます。他店より値段が高くても、入荷に時間がかかっても、

送料がメチャ高でも、サイズが日本の規格と合わなくても...

「それ売ってください!」とお客さんが
行列をなすネットショップの作り方

私が運営してきたネットショップは、とても非常識なネットショップだった。

同業者からは嫌われ、金の亡者だ!詐欺師だ!と誹謗中傷を受けた。と同時に利用者からは「もっと売ってください!」「前回も、今回も、本当に満足しています!」「応援してます!」と喜びのメールが毎日届く...そんなネットショップだった。

念のため断っておくが、別に中毒性のあるドラッグを違法販売していたわけではない(^_^;)。コピー商品を本物と偽って破格で売っていたわけでもない。

ただある基本にのっとって、同業者から見たら「単なる高飛車でバカ」にみえるネットショップを、毎日ウキウキしながら運営していただけなのだ。そしたら同業他社からは文句を言われ、お客さんには喜んでもらえた。

この手紙では、私が運営していたその高飛車ネットショップについてお話しようと思う。これからネットショップを始める人は勿論、すでに運営しているけど売れなくて困っている人、そこそこ売れるけど利益が出なくて困っている人に役立ててもらえることと信じる。

“お客さんが喜べば、非常識なショップでも
儲かってしまうという発見”

お客さんが喜ぶと面白いことが起こる。「喜びの声」を貰うたびに、私たち自身が嬉しくなるのは勿論だが、なんといっても、お客さんが喜ぶと売り上げがアップするのだ。

1回買って感動してくれた人は、もう一度買ってくれる。2回、3回と買ってくれた人は、もう他店では買うことができなくなる。そう、そのお客さんがショップのファンになってしまうのだ。

ファンが増えれば増えるほど売り上げはアップしていく。そして程なく、預金通帳を見ながらニヤニヤする生活が始まる。仕事面は勿論、他の全ての面でも毎日が楽しくなってくる。

同業者に文句を言われようが、誹謗中傷を受けようが関係ない。重要なのはお客さんが喜んでくれることなのだ。

ちなみに私はお客さんに喜んでもらえたことで独立することができた。夢のアメリカ移住を果たすことができた。

会社ごと引っ越して、アメリカから日本のお客さんに向けて商品を発送しはじめた。稼ぎながら大好きなロックコンサートを本場で山ほど見ることができた。

独立できただけでもうれしかったのに、これは夢じゃないのか?!とほっぺたをつねった...

でも夢じゃなかった。

ちなみに、私のショップを見て同業者が「高飛車だ!」「非常識だ!」と文句を言ってきた内容をいくつかご紹介しよう。

...続きはこちらからどうぞ(PDF形式で開きます)
無料教材の配布は終了しました!ダウンロードありがとうございます。


この記事をツイートする!
ネットショップ成功に役立つトピックを、ほぼ毎日メルマガでお届けします。日に2回送ることもあります。真剣にレベルアップしたい人だけ購読してください

  1. 一攫千金系・情報商材系を探している人
  2. お小遣い稼ぎのネタを探している人
  3. 商売人のくせに人の売込みが大嫌いな人
このどれかに当てはまる人は絶対に申し込まないように。悪いが俺に君を助けることはできん。ネットショップに人生かけてる人だけ申し込んでくれ。(プライバシーについて
Icon - Secure Lock

次の記事:

前の記事: