【実例紹介】お客さんに無視されるショップの特徴とその対処法。

私たちはみな自己中。お客さんも自己中なら、店主も自己中。特に売れてない、お客さんに無視されるタイプのショップは「僕が売りたい物を売るのだ!!!」「私が興味があるものを扱うのです!」と鼻息を荒くする。

でもさ、お金を払う人が自己中なのは良いけど、売るほうが自己中なのはちょっとまずいんじゃないかな?!俺たち自身がお客さんの立場になったとき、真っ先に嫌悪するのは、そのタイプのショップなんだから(~_~;)。

ちなみに、ショップはお客さんの奴隷になれとか、お客さまは神様ですとかそういう話ではないです。「店長よ、そんなにえばるな!売りたかったらお客さんに自分の都合を押し付けるな!」という話です。

実際に届いた新聞社のアンケートを紹介しながらお話します。今売れてない理由が全く分からない人は、部屋の鍵を閉めて正座して見てください!

清水勇二

音声ファイルダウンロード


“良い商品なのになぜか売れない...” を最短2週間で解消して売上げを最大2倍にする秘策、5つ

今なら上記タイトルの売上げ底上げマニュアルを無料で進呈中(通常価格:9,800円、Pdf:22ページ、オーディオ:3時間20分)

売上底上げマニュアル画像
  • かっこ良い店を作れば作るほど、逆に貧乏になってしまう理由とその解決策とは?!
  • 客が手ぶらで逃亡する理由をひとつ残らずあぶりだす「死体解剖テクニック」とは?!
  • 飛ぶように売れる店作りの必須ツール「カスタマーアバター」とは?!
  • ストーリーで死に筋商品を復活させる方法とは?!

などなど。

今すぐ下のフォームからご請求ください(期間限定)。定期的にメルマガもお届けします。

迷惑メールは送りませんので安心してお申し込みください。
プライバシーについて

4

次の記事:

前の記事: