“良い商品なのになぜか売れない...” を最短2週間で解消して売上げを最大2倍にする秘策、5つ

売上底上げマニュアル画像

今なら上記タイトルの売上げ底上げマニュアルを無料で進呈中(通常価格:9,800円、Pdf:22ページ、オーディオ:3時間20分)

などなど。

今すぐ下のフォームからご請求ください(期間限定)。定期的にメルマガもお届けします。

迷惑メールは送りませんので安心してお申し込みください。
プライバシーについて

4

青春をかけたネットショップ!

青春をかけたネットショップ!俺は村でも有名な正直者だ。なぜなら、嘘が嫌いなのはもちろんだが、これは嫌だ!と感じたものに対しては、体中に疣がイボイボに出て拒絶反応を示すし、興味を感じないことに関しては何も頭に入ってこない。

さすがに体中に疣がイボイボと出てくるほど嫌悪感を感じる事柄には、そうしょっちゅう出会うことはないのだけれど、興味がない事柄というのは、生活の中に山ほど転がっていることに最近気が付いた。

気が付いた、という第三者的な、他人行儀な言い方を何故するのか?!と問われれば、それは、左にも言った様に、興味がないことは頭に入ってこないので、その興味がない事柄が存在していることにさえ気がつけない事が多いのだ。

それを友達に、「お前はこの事柄に対して興味がないんだろ!」といった意味のキツイ物言いをされて、初めてその「興味のないモノ」の存在に気が付いた!ということが多発し、驚き、これを書いている次第です。彼処。

興味がなくて気が付けない事柄のいくつかを例に挙げるとこうだ。

家人の前髪が前日よりもそろっていたり、友達の車の色が変わっていたり、夕飯の肉のグレードがアップしていたり、シャツに自動でアイロンがかかっていたりという、生活全般のことから、取引業者の担当者さんが変更したり、お客さんが結婚して名字が変わったり、原油価格の高騰にともない商品の仕入れ値や運賃が値上がりしていた、といったビジネス全般の事柄まで含まれるのです。

私はこういったことに興味がないので、まったく気がつきません。気がつけません。どうしたらいいですか?

と、唇を尖らせて 「ほんとうのところ、こんなことに自分は興味ないんですけどね、一応ね、現状維持だと人間関係が面倒なことになりそうなので何とかしたいのです。どうしたらいいかな?お前考えろ」といった態度を取る友人に、俺はこう答えた。

“If you don’t use it, you lose it”
「使わないものは失われる」

大切な人間関係も、大事なビジネスも、放っておいたら失うのだ。

  • 前髪を切ってきた家人に「お!前髪似合ってるね」と言ってあげないと、大事な何かが失われる
  • 友人の車の色の変化に気がつけないと、大事な何かが失われる
  • アップグレードされた夕飯の肉に何も感じないと、大事な何かが失われる
  • アイロンでピシッとしたシャツに気がつけないと、大事な何かが失われる
  • ビジネスの相手が変わったことに気がつけないとしたら、すでに大事な何かを失っている
  • お得意さんの変化に気がつけないとしたら、すでに大切な何かを失っている
  • 仕入れ価格や毎日の売り上げといった数字に興味がないと、成功に必要な何かを失っている

ネットショップで成功を目指すなら、興味をもって追いかけ続けなければならないことが山ほどある。

取引業者やお客さんとの友好的な人間関係の維持はもちろん、数字的な知識、ホームページの改良、写真の見せ方、文章、ボタンの色といった細部から、お客さん向けコンテンツの充実、顧客対応の勉強、その他マーケティング全般の継続的知識吸収、などなど、他にも興味をもって追いかけなければならないことが沢山、キリがないほどに...

だから、ネットショップで成功したい!と口では言いつつ、こういった作業に気がつけない、気がついてもやれないという人は、残念ながら、持つ能力の全てを出し切っている!とは言い難いと思う。

もっと言えば、全力でチャレンジしたくなるようなことに、つまり、本当に大切なことに人生を費やしていないのではないか、と思う。

青春をかけたネットショップ!毎秒、時計の秒針が動くたびに死に向かって前進する俺たち。その針は絶対に止まらない。寝ていても、ご飯を食べていても、仕事をしていても、喧嘩していても、確実に命のロウソクは燃え続けているんだ。

だとしたらさ、一秒でも早くそんな状況に終止符を打とうぜ。興味がもてないことなんてやってちゃ駄目だぜ!

過去は全て閉じられている!どんなにお金を積んでも、すでに過ぎ去った時を戻すことはできない。起きてしまったことは変えられない。

でも未来は万人に対して平等に白紙なんだ!!!

今日まで惰性でネットショップをやってきたとしたらら、これが本当にやりたいことなのか再確認しよう。

ネットショップの調子はいいけど、家人との関係がいまいち...というなら、返らぬ毎日のなかで、失いつつあるものがないか考えてみよう。

何かウマく稼げる手段はないかな...と、少しかじっては他のこと、また少しかじっては他の事...うぐぐ、どれもウマく行かねぇ!...と意気消沈の毎日なら、次の一歩目を踏み出す前に 「これは本当に、自分の青春を費やす価値のあるモノだろうか?!」と胸に手を当てて聞いてみよう。

と、自己反省の意味をこめて、真摯な気持ちで、心から思った。

清水勇二


“良い商品なのになぜか売れない...” を最短2週間で解消して売上げを最大2倍にする秘策、5つ

今なら上記タイトルの売上げ底上げマニュアルを無料で進呈中(通常価格:9,800円、Pdf:22ページ、オーディオ:3時間20分)

売上底上げマニュアル画像
  • かっこ良い店を作れば作るほど、逆に貧乏になってしまう理由とその解決策とは?!
  • 客が手ぶらで逃亡する理由をひとつ残らずあぶりだす「死体解剖テクニック」とは?!
  • 飛ぶように売れる店作りの必須ツール「カスタマーアバター」とは?!
  • ストーリーで死に筋商品を復活させる方法とは?!

などなど。

今すぐ下のフォームからご請求ください(期間限定)。定期的にメルマガもお届けします。

迷惑メールは送りませんので安心してお申し込みください。
プライバシーについて

4

次の記事:

前の記事: