何で売れないのかなぁ...と悩む前に。

何で売れないのかなぁ...と悩む前に。売れないの!まったく売れないの。

私が「これは絶対売れるわ!」と踏み、朝から場所取りをして並べた逸品の数々が、どういうわけか売れないの。

あぁ~、やっぱり自分は商才ないのかな、と打ちひしがれ、何か儲かる方法ないかな~、と町をぶらつきながら視察を繰り返したり。

本や雑誌、インターネットなども最大限に活用し、情報収集に励むことはや3年。思ったような商材は見つからないし、これといってアイデアもないわ。海外へも行って見たけれど何も見つからない...

本屋さんやネットで得た情報と言えば、人々が困っていること、例えば恋愛お金健康増幅または改善または維持などに関する解決法を、もっと言えば、庶民がコンプレックスを感じている分野で「これをすればそのコンプレックスは改善されますよ!」と言ってあげれば、黙っていても儲かり、都心にキャッシュで家を買えるらしいんだ。

だってインターネットで成功した人の本に書いてあったもん。

もちろん、「これをすればそのコンプレックスは改善されますよ」などと言うだけでは駄目で、それは単なる例えだから、実際にはそれなりの器具やノウハウ、書籍、マニュアルといった形にまとめて、お金を取れるように準備しなければならず、それはとても面倒だな...と思っていたり。

でもその面倒な部分さえ頑張れば、実際に信じられないような大金をホンの3週間や4週間といった短期間で稼ぐ人が後を絶たず、都内にキャッシュで一戸建てはもちろん、毎日の仕事時間はわずか3分。昼からジムに通って帰りにフォルクスワーゲン・ビートルを衝動買いできるらしい。

だって、ネットで書いてあったから(*^^)v

そして、最後はそのノウハウを自分だけで持っていたら勿体無いし、もっと世間の人にも知ってもらって、成功をシェアしたいんだ!

なぜなら、成功者の住む山の頂上は人が少なくて寂しいから。

といった内容の、社会貢献を切実に望む成功者たちが書いたライト・ビジネス系の書籍を読むにつけ、これだけの冊数が出ているのだから、真実に違いないし、読めばきっと自分も成功できるに違いない!!!

と言う風に、頑張ってまじめ一辺倒に生きてきたのだけれど、なかなか結果がでない人が多いのではないでしょうか。

なぜか。

それは、商才がないからなのか。

私が先生と思って慕っている業界のマスターたちは、雑誌などでも取材をたくさん受けているし、元アイドルとか元有名映画俳優の人たちと熱心に対談し、かならず対談の最後には、「すばらしい稼ぎ方ですね!世界の為に今後もがんばってください」などと誉められているのだから、やり方に間違いはないはずなんです...

ということは、やっぱり私の商才が足りないんだと思います。自分の責任です。

という風に思ってがっかりしている人も多いのではないでしょうか。

でもそれは違うぜ!!!!

例えば、何か儲かる方法ないかなぁ~、と町をネットを書店を視察して回っていたときの心持を考えてみて欲しい。

儲かる方法を探していたと言うよりも、むしろ俺たちは、楽をしながら、費やした作業とはつりあわないくらいのリターンを求めていなかったか。それでいて、リスクはう~んと低くしてね!と血眼になっていたのではないか。

成功を目指す人たちの尊敬を一挙に集める業界のマスターたちの書籍や器具、その他指南書などにおいては、確かにそんなローリスク・ハイリターンな方法があるよ!だって僕が出来たんだもん。君にもできる!と、うたわれていることが多い。

でも、多くの人々は気が付き始めている...

有史以来そんなもんなかったし、今後もないぞぉ!!!

一般社会で、例えば学生が就職の面接で、僕は自分の時間もお金も大事なので、できるだけ少ない労働で、給料は莫大にお願いします。毎日がボーナスで頼みます。などと言ったら、誰が見ても困ったチャンであり、億が一、就職できたとしても、昇進はおぼつかない。

毎日がボーナス!毎日が給料日!などあり得ないし、もしそれが可能だとしたら、あなたは毎日が給料日になるくらいに社会に貢献し、人の役に立っているということであって、それは本当に凄いことだ。それなりの作業や努力、苦難もぜんぶセットで抱きしめた人が得られる特権を得た、ということだ。

それを、楽をして毎日を給料日にしたい!その対価を払わずに莫大なリターンだけをゲットしたい!と考えてしまうと、人生は辛くなる。楽に生きたい、苦労しないでどでかく稼ぎたい、という考え自体が苦難の道への入り口なんだ。

何年も何年も成功できない、結果がでない...自分には商才がないんだ...と、悩んでいる人があなたの周りにいたら伝えて欲しい。

一度立ち止まって君の本棚をチェックしてゴラン。「楽して」「気楽に」「お気軽」「手軽に」「あっと言う間に」「気が付いたら」「30日で」「裏技」「極秘」「丸秘」「誰も知らない」「主婦でも」「サラリーマンでも」「1億円」「100万円」といった言葉がタイトルに入った書籍が、ズラ~っと並んでいないだろうか?

(もしくは買っては売って、買っては売ってを繰り返していないだろうか?)

(ちなみに、そういったタイトルの書籍にも素晴らしいものは当然あるよね。本棚がそんなんばっかだと問題、というお話です)

大分前のことだけど、俺は自分の本棚を見てビックリした。端から端まで、そんな「楽して稼ごう」系の本だった。でもな、何百冊も読むうちに気が付くんだよね。そんなもん何冊読んだって同じだし、自分が著者の財布を厚くするカモになっちゃっているってことに。

カモになるより、本当にやりたいことをパッパッと始めちゃって、実践の中でどんどん学び始めた方がいいぜ。そうすれば、どの情報が本物で、どの情報が偽物かだんだん分かるようになってくる。無駄なお金も時間も費やすことはなくなってくる。

遠回りに見えるけど、それが一番の近道なんだ。嘘だと思う?だったら一度試してみるといいよ。今までの苦労が信じられない程のスピードで、結果が出始めるからさ。

清水勇二


この記事をツイートする!
ネットショップ成功に役立つトピックを、ほぼ毎日メルマガでお届けします。日に2回送ることもあります。真剣にレベルアップしたい人だけ購読してください

  1. 一攫千金系・情報商材系を探している人
  2. お小遣い稼ぎのネタを探している人
  3. 商売人のくせに人の売込みが大嫌いな人
このどれかに当てはまる人は絶対に申し込まないように。悪いが俺に君を助けることはできん。ネットショップに人生かけてる人だけ申し込んでくれ。(プライバシーについて
Icon - Secure Lock

次の記事:

前の記事: