オリジナリティーと売上の奇妙な関係

オリジナリティーと売上の奇妙な関係とにかくオリジナリティーを追求し、誰が見ても「お!何この人。普通と違うじゃん」と言う感じで感嘆してくれるのを喜びとする人がいる。

そうかと思うと、できるだけ人と同じように振舞って、目立たぬように、騒がぬように、波風立てぬように生きていこう!うん、そうしよう。と決意して毎日を送っているような人もいる。

どちらの生き方も、メリットとデメリットがあるのは当たり前なのだけれど、ネットショップで考えたとき、オリジナリティーはどんな意味をもつのだろうか。

売上とオリジナリティーの関係について2つの例を挙げながら説明します!
ではどうぞ。

清水勇二

ファイルダウンロード:

お勧め関連リンク:


この記事をツイートする!
ネットショップ成功に役立つトピックを、ほぼ毎日メルマガでお届けします。日に2回送ることもあります。真剣にレベルアップしたい人だけ購読してください

  1. 一攫千金系・情報商材系を探している人
  2. お小遣い稼ぎのネタを探している人
  3. 商売人のくせに人の売込みが大嫌いな人
このどれかに当てはまる人は絶対に申し込まないように。悪いが俺に君を助けることはできん。ネットショップに人生かけてる人だけ申し込んでくれ。(プライバシーについて
Icon - Secure Lock

次の記事:

前の記事: