ネットショップで商品が高い、安いの基準てなーに?

※ビデオがうまく見れない場合はここをクリックしてYouTubeで試してみる

値段が高い、安いが数字だけで決まるとしたら、安売りショップでつぶれるところは無いはずだし、高級ショップで生き残っているところなんて存在しないはず。なーのに、実際にはどちらも存在してしまうのはなぜか?

それは、人が「高い」「安い」言うのは、数字を見て言っているのではなく、ある方程式で計算した結果を言っているの。

という話!!!

清水勇二

ファイルダウンロード

【教材チャンネル】
http://YouTube.com/obcvideos2
※最新ビデオ情報が届くようにチャンネル登録しておこう!


“良い商品なのになぜか売れない...” を最短2週間で解消して売上げを最大2倍にする秘策、5つ

今なら上記タイトルの売上げ底上げマニュアルを無料で進呈中(通常価格:9,800円、Pdf:22ページ、オーディオ:3時間20分)

売上底上げマニュアル画像
  • かっこ良い店を作れば作るほど、逆に貧乏になってしまう理由とその解決策とは?!
  • 客が手ぶらで逃亡する理由をひとつ残らずあぶりだす「死体解剖テクニック」とは?!
  • 飛ぶように売れる店作りの必須ツール「カスタマーアバター」とは?!
  • ストーリーで死に筋商品を復活させる方法とは?!

などなど。

今すぐ下のフォームからご請求ください(期間限定)。定期的にメルマガもお届けします。

迷惑メールは送りませんので安心してお申し込みください。
プライバシーについて

4

次の記事:

前の記事: