狂人のコイル。

狂人のコイル。ラジオを発明した人。尊敬するエジソンのもとで働きながら、意見の食い違いから後にエジソンの宿敵となった男。

そして後年は殺人光線や死人と交信するための機械の開発に没頭し、最後は狂気の科学者と呼ばれた人物と言えば、この人

名を残すために狂人になる必要はないけれど、人に伝えたくなるような偉業には少なからず狂人的な要素が含まれている気がする。

例えばコンピューターがまだ巨大だったころ、パーソナルコンピューター (古い響きだ)は 「馬鹿げた」 アイデアだったし、もっとさかのぼれば地球は丸いと言った人は投獄され、飛行機は科学的に無理!と考えられていた時代があった。amazon のビジネスモデルは黒字になり得ないと言われていた。

俺たちも、何か 「狂人的」 で 「馬鹿げた」 ことはできないだろうか?大規模でなくてもいい。そんなの無理だよ!おかしいよ!と否定されるようなアイデアは無いだろうか?お客さんが思わず立ち止まって、唸ってしまうような...

もしそれが見つかれば、そして実践する勇気があれば、俺たちだって何か偉大なことを成し遂げることが出来るかもしれない。

清水勇二

追伸:テスラが発明したテスラコイルのビデオ。ここでは楽器として利用!狂人。


“良い商品なのになぜか売れない...” を最短2週間で解消して売上げを最大2倍にする秘策、5つ

今なら上記タイトルの売上げ底上げマニュアルを無料で進呈中(通常価格:9,800円、Pdf:22ページ、オーディオ:3時間20分)

売上底上げマニュアル画像
  • かっこ良い店を作れば作るほど、逆に貧乏になってしまう理由とその解決策とは?!
  • 客が手ぶらで逃亡する理由をひとつ残らずあぶりだす「死体解剖テクニック」とは?!
  • 飛ぶように売れる店作りの必須ツール「カスタマーアバター」とは?!
  • ストーリーで死に筋商品を復活させる方法とは?!

などなど。

今すぐ下のフォームからご請求ください(期間限定)。定期的にメルマガもお届けします。

迷惑メールは送りませんので安心してお申し込みください。
プライバシーについて

4

次の記事:

前の記事: