早いものが勝ちとは限らない!

早いものが勝ちとは限らない!調べてみると、フリマやファーマーズマーケットの場所取りは、「早いもの勝ち」が多かったりする。つまり、良い場所をとるには、早く起きて、血相を変えて目指す場所に行かなければならない。

場合によっては門の前で夜通しテントをはり、不眠不休で鍋を囲みながらパートナーと開門のベルを待ったりもするのだろう。

それはなぜかというと、良い場所をとれば、それだけ良く売れると言う不文律があるからなんだけど、それは本当かな?と俺は思う。

確かに良い場所をとれば、人目に当たる数は増える。公園で開かれたフリマで、寝坊して遅く来た自分は公衆便所の裏の柵を越えて階段を下りて、更に右に曲がった影にブースをあてがわれてしまったら、それは誰も来店してはくれないことは火を見るより明らかだ。

でもね、人目に当たればいいのかと言うとそうでもないのだ。

朝一番で誰よりも早く会場に列をなし、その筋では最高の場所だと誉れ高いスペースをゲットしたとしよう。でも、売っているものが腐った野菜だったらどうだろうか?

どこでも売っているような、薄汚れたおもちゃやガラクタを、「ビンテージ」なんてダンボールに書いた看板を立てて売っていたらどうだろうか?

お金を渡しても、ツンツンケンケンしながら受け答えしたらどうだろう。お金をむしりとるように受け取り、釣りをそこら辺にじゃらん~と投げられたら?

鬼のような顔で睨まれたら?一心不乱に、この世の終わりのような顔で読書にふけっていたら?仲間同士で大声で会話していたら?何の説明も書かれていない無印のダンボールを並べただけだったら?お客さんの質問に答えなかったら?

そんな奴いないよ!と思うよね?!それがどっこい、いる。いるのだよ。

それも、フリマやファーマーズマーケットとかに限らず、普通のお店でも上記に書いたような態度で、胸をはって商売に挑んでいるビジネスオーナーたちは結構いるのだから驚かされる。

こんな風に商売していたら、間違いなく敵を作る。人目に触れる頻度に比例して、敵の数もどんどん増加していく。

なんだ、こいつ!商売が何たるや、まったくわかっとらん。商売は商い。つまり、お客さんが「飽きない」ように、常に精進せなあかんのや!なのに己は、ぶっちょう面で訳の分からんモノの売り方してからに、そしてその釣りの渡し方...なっとらん!

などと憤慨してしまったら、私たちは、もうそんな人たちから買いたいとは思わない。思えない。

ビジネスにとって場所取りは重要だ。でも、増えたお客さんをどんな風に迎えるかの方がもっと重要だ。というか、それが全てだ!

ネットビジネスにもまったく同じことが言える。

SEO対策ばかり追いかけて、ショップでのお客さんの経験をないがしろにしたり、Googleのページランクにこだわって、訳の分からないページを増産したり、リンクを買ったり、交換したり...

その努力の結果、増えたお客さんは、初めて見た(経験した)あなたのショップや商品、サービス、対応に対して何を感じるのだろうか?

この「何を感じるだろうか?」という質問は、どんな集客の知識よりも重要であり、何よりも先に来なければいけない!来る人来る人を敵にしていたら、絶対に成功などできないのだから!

これだけは覚えておこう

SEO対策も広告も、他のどんな集客方法も、それ自体にあなたのネットショップを成功させる力はない。

駄目なショップに集客すればするほど潰れるスピードがアップし、成功する要素を備えたショップに集客すればするほど、成功のスピードが速くなる。それだけ!

あなたは今、何に向かって突っ走ってますか?

清水勇二

追伸:私に直接相談してみたいことはありませんか?!温めてきたアイデア、現在進行形で悩んでいること、その他ネットショップ運営に関するご質問ならなんでも、こちらから質問してくださいー。ブログやポッドキャストでお答えします!


“良い商品なのになぜか売れない...” を最短2週間で解消して売上げを最大2倍にする秘策、5つ

今なら上記タイトルの売上げ底上げマニュアルを無料で進呈中(通常価格:9,800円、Pdf:22ページ、オーディオ:3時間20分)

売上底上げマニュアル画像
  • かっこ良い店を作れば作るほど、逆に貧乏になってしまう理由とその解決策とは?!
  • 客が手ぶらで逃亡する理由をひとつ残らずあぶりだす「死体解剖テクニック」とは?!
  • 飛ぶように売れる店作りの必須ツール「カスタマーアバター」とは?!
  • ストーリーで死に筋商品を復活させる方法とは?!

などなど。

今すぐ下のフォームからご請求ください(期間限定)。定期的にメルマガもお届けします。

迷惑メールは送りませんので安心してお申し込みください。
プライバシーについて

4

次の記事:

前の記事: