6月 2014

ネットショップの仕事に華やかなイメージを持っている人は多い。

俺もかつてその一人だった。

こだわりを前面に打ち出したカッコいいサイトを作り、そこに自分の好みで厳選したクールなアイテムを並べれば、飛ぶように売れると思っていた。自分がやりたいことを、とことん追求しながら稼げるのがネットショップの良いところだと信じていた。

でもさ、やってみるとぜんぜん違うじゃん。

毎日の仕入れや発送作業に華やかさなんてまったくないし、本気で喰っていこうと思ったら、自分がやりたいことはむしろ押し殺さないと駄目じゃん。自分の好みで商品を厳選したセレクトショップなんて、はっきり言って売れないじゃん。

で、何ヵ月も苦しい思いをして、やっとたどり着く結論がこれなんだよな。

  • 自我を捨て、お客さんの欲求を満たすことだけを考えなければ売れない
  • 「ネットショップごっこ」ではなく、プロとして本気で稼ぎたいなら自分がやりたいことを追求してはだめ
  • 自分のこだわりを打ち出すのではなく、「お客さんが抱える問題の解決策」を打ち出さないと誰も振り向いてはくれない

これさ、よく考えてみればビジネスの超基本的なルールなのだが、痛い目にあうまでなかなか理解できないんだよね。貯金が底をつき、クレジットカードの借金返済ができなくなってはじめて身に染みて分かるんだよね。

ここで君に質問だ。

君は何のためにショップをやっているのか。自分のこだわりや趣味を世間に押し付けて、悦に入るためか。それとも、人の役に立ち、喜ばれながら銀行口座の残高を増やすためか。

どっちだ。

質問がわかり難いかも知れないので、言い方を変えよう。

君はショップのことを考える時、何よりもまっさきにお客さんのことを頭に浮かべているか。

例えば商品を選ぶ時も、ショップのデザインを変更する時も、ブログやメルマガのコンテンツを考える時も、まずはお客さんのことを頭に浮かべ、そのお客さんの「欲求に対する解答」としてすべての作業を行っているか。

それとも、自分の内側から発する

「あれしたい」

「これしたい」

「こうすると良いかも」

「ああすると良いかも」

という、ひらめきですべての作業を行っているのか。

もっとわかり易く言おう。

君は、

「お客さんの欲求に対する解答」をショップで提供しているのか。それとも「ひらめき」でやりたいことをしているのか。

どっちだ。

大事な質問だから目を閉じて、数分間よく考えてみてくれ。

考えた?

もし君の答えが後者の「ひらめき」だとしたら、悪いが今すぐブラウザの「戻る」ボタンをクリックしてこの場所から去ってくれ。俺が君に教えられることは何ひとつない。さようならだ。

逆に君が後者の「お客さんの欲求に対する解答」型のネットショップを運営している、あるいはこれから運営したいというのなら、俺は君に教えることが山ほどあるぜ。

今すぐ売上げ底上げプロジェクトに申し込んでくれ。売上げを短期間で底上げするノウハウを用意して、君のことを待っている。

ただし、メンバーページのレベルを保つための審査があるので、入会をお断りする可能性もある。まずは審査フォームに必要事項を入力して送信してくれ。審査結果は3営業日中に連絡する。

清水