【オーディオ】サンタクロースから学ぶネットショップ成功法

サンタクロースから学ぶネットショップ成功法。

デパートやケーキ屋さんの店先にサンタクロースが登場する時期だね。どんなに落ち込んでいるときでもあの赤い服をみかけると、一瞬でハッピーな気持ちになるぜ。もうサンタクロースの存在そのものがまるで「ハッピーの権化」、あるいは「ハッピーの化身」、あるいは「ハッピーの代名詞」みたいな感じ。とにかく見ただけで幸せになっちゃう。

ネットショッピングは何の代名詞だろうか

例えばお客さんがサンタクロースを見た瞬間に「ハッピー!」と感じるのと同様に、お客さんはネットショッピングのことを考えた瞬間、どんな感情を持つのだろうか。サンタはハッピー、ネットショッピングは...

今日は急いでいるので早めに答えを書いてしまうと、やはり「ハッピー!」と感じると思う。

ネットショッピングもハッピーの代名詞

どういうことかというと、ネットで買い物をする人は、最終的には今いる自分の状況から少しでもハッピーに近づきたい、幸せになりたい、そのために役立つものを買いたい、という気持ちで買い物をしているのであって、決してネットショッピングをして不幸になってやろう、今日よりもあと一歩不幸に近づきたい!などと思いながら検索しているのではないということ。

もちろん買いすぎて翌月のカードの明細を受け取った瞬間にアンハッピーになる人はいるけど、それはここでは別の話。重要なのは、あなたが運営しているのはハッピーの代名詞であり、お客さんはあなたのショップにハッピーを期待している、という事実に気が付くことだ。

サンタに期待するイメージがあるように、ハッピーの化身であるネットショップにも期待するイメージがある

暴れん坊のサンタや消極的なサンタ、人の悪口を言うサンタ、シャイなサンタ、赤色が嫌いなサンタ、ダイエット中のサンタ、トナカイアレルギーのサンタ、寒がりのサンタ、といったサンタははっきり言ってイメージと違うので、街で出会ったらがっかりする。

これと同じように、お客さんにとってハッピーの化身であるネットショップが、テロや災害のニュースを店長ブログでグラフィックに語ることを日常としていたり、読んだ本のどこがつまらなかったかをこと細かく書き記したり、自分はお金がなくて困っているのでパソコンは中古のものを買ってきましたが調子が悪いです(汗)、、、などと書いたり、ショップのど真ん中にどれだけ自分の店のお客さんがアホで同じ間違いをするのかを並べ立てて、今度それをする人がいたら法的処置をとると脅したり、といったネットショップははっきり言ってハッピーのイメージとは違うので、ネットサーフ中に出くわすとがっかりする。

自分がハッピーの化身だと認めた人には別世界が広がっている

で、何が問題かといえば、それは売れなくて困っている店長の多くが、自分がまさかハッピーの化身であるというマジで超重要な事実に気が付いていないからで、自分が警官であることに気が付いていない警官が銀行強盗に出くわしたときに周りの期待に応えることができないのと同じく、ハッピーの化身であることに気が付いていない店長もお客さんの期待に応えることができないのは火を見るよりも明らかなのだ。

ではどうしたらいいのか、という話をするぜ!

清水

ファイルダウンロード


関連記事:

この記事をツイートする!
ネットショップ成功に役立つトピックを、ほぼ毎日メルマガでお届けします。日に2回送ることもあります。真剣にレベルアップしたい人だけ購読してください

  1. 一攫千金系・情報商材系を探している人
  2. お小遣い稼ぎのネタを探している人
  3. 商売人のくせに人の売込みが大嫌いな人
このどれかに当てはまる人は絶対に申し込まないように。悪いが俺に君を助けることはできん。ネットショップに人生かけてる人だけ申し込んでくれ。(プライバシーについて
Icon - Secure Lock

コメントを残す

次の記事:

前の記事: