Appleよ、マジで勘弁してくれ(汗)

もう勘弁してくれよ…

と毎朝思わされるのが、俺のウィンドウズマシンにインストールされているiTunesのクソ野郎だ。

あれなんなの。

なんであんなに重いの。

って言うか、なんでアップデートのたびにどんどん使いにくくなっちゃうの。今さら他に移れねえし、超イライラするんだけど。マジで勘弁して欲しいんだけど(汗)。

勘弁して欲しいと言えば、ネットショップでもいい加減勘弁して欲しいことってあるよな。

例えばパッと思いつくものを3つ挙げるとこうだ。

  1. 振込依頼をしてもシカトする客
  2. 注文直後にキャンセルする客
  3. 問い合わせに丁寧に答えたのに買わない客

マジ勘弁だよね(汗)。

俺もこの手の客に対して、昔はよく腹を立てたぜ。

え、今はどうかって?

今は対処法を知っているから腹が立つことはほとんど起こらないぜ。

どうやってるか知りたい?

オッケー、解説しよう。

まず、振込依頼を無視する客対策として、ショップの受注方法を少しだけ変更する。注文を受ける段階で、期限内の振込みがない場合は代引きで送ることを了承させるのだ。

代引き手数料はもちろんお客さん持ちだ。

例えば注文内容の最終確認画面でこんな文章を表示すればOKだ。

お忙しくてなかなかお振込みができない場合もご安心ください。

一日でも早くお手元にお届けするために、●月●日までにお振込みが確認できない場合は代金引換にて発送いたします。

その際は代引き手数料として●●円を追加でご負担ください

ええええええ、そんなことしたらお客さん途中で注文をやめちゃうんじゃないの?!途中でブラウザを閉じちゃうんじゃないの?!他店に行っちゃうんじゃないの?!クレームになるんじゃないの?!

と心配になるよね。俺も最初は不安だった。

でもやってみて、それが杞憂であることがすぐにわかったぜ。売上げ底上げプロジェクトのメンバーにも試してもらったが、俺が知る限り、この方法で送った代引きの受け取り拒否はほぼゼロだ。クレームにもなっていない。振込注文の数が減ったという声も聞かない。

もし困っているなら今すぐ試した方がいいぜ。

それから、注文直後にキャンセルをする、意味の分からんチキン野郎どもを激減させる方法もいたってシンプルかつ簡単だ。

スペースの関係上すべては書けないが、とりあえずこれをするだけで状況は激変する。

注文完了直後に表示される「サンキュー・ページ」に、

  1. お客さんが不安に感じることをあらかじめすべてFAQ形式で答えて、どーんと表示する
  2. お届けまでの予定や、どのような梱包で届くのかを、画像入りで詳しく説明する

この二つ。

ここでの重要ポイントはズバリこれだ。

お客さんは注文完了直後に、まるでダムが決壊したかのような勢いで後悔の念におそわれるということ。

そして、その後悔の念を何らかの方法でやわらげてやらないと、気が変わって発送前にキャンセルしようとする人が必ず出てくるということ。

だから後悔の念が最高潮に達するサンキュー・ページで、

「君の決断は間違ってなかったよ」

「不安を感じる必要なないよ」

「今から届くのが楽しみだね」

と言ってあげる必要があるのだ。

それから、問い合わせしたくせに買わない優柔不断な客も、簡単な方法で激減させることができるぜ。

その方法とは...

問い合わせの返事に、期限付きのクーポンを入れる。

これだ。

割引クーポンでも良いし、何かのボーナスでも良い。高い確率で注文が来ているならこんなことをわざわざする必要はないぜ。

でももし、一生懸命時間と労力をぶっこんで返事をしているのにまったく買ってくれないなら、試してみる価値はあるよな。

俺も、俺のクライアントも、これで失われ続けた売上げを取り戻したぜ。ドブに流し続けた収入をがっつり取り返したぜ。

以上が今日の「勘弁してくれよ」な客を激減させるヒントだ。

もっと詳しく、もっといろんなヒントを今すぐマスターしたい君は、ここから売上げ底上げプロジェクトに申込んでくれ

君の参加、楽しみに待ってるぜ。

清水

追伸:新メンバーを十分なサポート体制で迎えたいので、毎月の募集人数には制限があるぜ。今すぐあなたの席を確保してくれ


この記事をツイートする!
ネットショップ成功に役立つトピックを、ほぼ毎日メルマガでお届けします。日に2回送ることもあります。真剣にレベルアップしたい人だけ購読してください

  1. 一攫千金系・情報商材系を探している人
  2. お小遣い稼ぎのネタを探している人
  3. 商売人のくせに人の売込みが大嫌いな人
このどれかに当てはまる人は絶対に申し込まないように。悪いが俺に君を助けることはできん。ネットショップに人生かけてる人だけ申し込んでくれ。(プライバシーについて
Icon - Secure Lock

次の記事: