なぜ「店長のこだわり」を前面に打ち出したショップは稼げないのか!?

ネットショップを開業する理由としてよくあるのがこれだ。

自分のこだわりをとことん追求して、楽しく稼ぎたいから

そして、

自分が好きなアイテムだけを厳選したセレクトショップで、毎日楽しく稼ぎたいから

この二つ。

要は、「自分が好きなことで稼ぎたいから」ということだな。

すごく良い理由だと思う。人生は一度なんだから、やりたいことをすべきだ。ガンガン資金を投下して、夢に賭けるべきだ。俺、そういう生き方って、超カッコいいと思うよ!!

だが、友よ、ちょっと待て。

はやまるな。

はっきり言うけど、それじゃ稼げねえぜ。カッコいいけど生活の糧であるマネーはゲットできないぜ。

あっと言う間に貯金が底を尽き、借金が増え、ニッチもサッチもブルドッグだぜ。俺自身もそれで大失敗したし、俺の周りにいる店長の多くも「好きなこと」や「こだわり」を追求した結果、大火傷を負ったんだ。

だってさ、お客さんの欲求を満たし、その対価を頂くのが商売の基本だぜ

誰の欲求も満たそうとせず、自分のこだわりだけを追求して稼げるわけないだろ?

それじゃまるで、自分がチョコを大好きだからといって、それを針の先にくくりつけて海にたらすようなもんだぜ。

それで釣れるか?

釣れねえよ!!!

本気で魚を釣りたいなら、エサ選びに【自分の趣味】や【こだわり】が介入する余地はないはずだよな。魚が喰らいつく餌を調べて、それを針にくくりつけなきゃ釣れないよな。

商売も同じだ。

俺達のこだわりや趣味を前面に打ち出す前に、まずはお客さんが何を欲しているかよく考えなきゃならない。

彼らの欲求こそが俺たちの収入源であるという事実を受け入れ、行動を変えて行かなきゃならない。

え?

でもどうすればお客さんの欲求が理解できるのかって?

今までもいろいろ調べたけど分からなかっただって?

その方法を教えているのがズバリ、売上げ底上げプロジェクトだ。

自分のこだわりや趣味を追求するのではなく、金を稼ぐことを最優先にがんばれる店長は、今すぐ審査フォームに必要事項を入力して送信してくれ。審査結果は3営業日中に連絡する。

清水


他の人はこんな記事も読んでいます:

    この記事をツイートする!
    ネットショップ成功に役立つトピックを、ほぼ毎日メルマガでお届けします。日に2回送ることもあります。真剣にレベルアップしたい人だけ購読してください

    1. 一攫千金系・情報商材系を探している人
    2. お小遣い稼ぎのネタを探している人
    3. 商売人のくせに人の売込みが大嫌いな人
    このどれかに当てはまる人は絶対に申し込まないように。悪いが俺に君を助けることはできん。ネットショップに人生かけてる人だけ申し込んでくれ。(プライバシーについて
    Icon - Secure Lock

    コメントを残す

    次の記事:

    前の記事: