貧乏ネットショップの店長がよくする質問:「売れる商品の見つけ方を教えてください!」

稼げないネットショップの店長がよくする質問と言えばこれだ。

売れる商品の見つけ方を教えてください

気持ちは分かるが、この手の質問をしている時点でアウトだぜ。なぜなら、そんなもんこの世に存在しないから。

え、でも実際に売れている商品があるだろって?

それ違うよ、ぜんぜん違うよ。

あれは「売れる商品」だから売れているわけではなく、「お客さんが欲する商品」だから売れているんだよ。この二つは似ているようでまったく違うぜ。

例えば売れない店長の思考はこうだ。

どっかに売れる商品ないかな

Gray Arrow

あ、このTシャツかわいい

Gray Arrow

これ売れそうじゃん

Gray Arrow

よし、仕入れよう!

要は、まっさきに商品のことを考えるんだよ。そして自分の勘に頼って仕入れるんだよ。お客さんの欲求なんてガン無視。

で、売れない。

一方、売れている店長の思考の流れはこうだ。

うちのお客さんが悩んでいることはなんだろうか

Gray Arrow

困っていることは何だろうか

Gray Arrow

彼らが夜も眠れずに、検索エンジンに打ち込んでいるキーワードは何だろうか

Gray Arrow

その問題や悩みを解決する為に、どんな方法があるだろうか

Gray Arrow

どんな商品やサービスを提供すればいいのだろうか

要は、まっさきにお客さんのことを考えるんだよ。自分の勘とか好みとかこだわりとかじゃなくて、お客さんが抱える問題から売るものを考えるんだよ。お客さんの欲求が商品選びの中心に来るんだよ。

そして売れる。

ぜんぜん違うだろ?

例えば、同じ洋服を売っている店でも、商品中心で考えている店長は、

かわいい
カッコいい
エレガント
気品あふれる

といった曖昧な形容詞を、まるで痴ほう症のオウムのように繰り返す。

かわいい商品が入荷しました

カッコいいパンツの登場です

エレガントで気品あふれるドレスです

といった具合に。

その一方、お客さんの問題を中心に考える店長は、

モテる
仕事ができると思わせる
着回しができて財布に優しい
着やせする

といった、お客さんが今リアルタイムで探している問題の「解決策」を直球で提示する。そこに曖昧さはない。

モテる夏物コーデセット

財布に優しい着回し17通りセット

着やせするコーデセット

転職成功!勝ち組コーデ

といった具合に。

わかりやすくするために極端な例を挙げたが、俺が言いたいポイントは理解したよな。

要は、俺達は「商品」を売っているのではなく「問題の解決策」を売っているということだ。それが靴下だろうが、リップクリームだろうが、パソコンだろうが、IPhoneケースだろうが、人参だろうがキュウリだろうが大根だろうが関係ない。金を払って買うものすべてがお客さんにとっては何かしらの「問題解決」になっているのだ。

彼らが問題の解決策を欲するなら、俺達はそれを提供すれば良い。それだけの話だ。簡単だよな。

ためしにこの思考でショップをしばらく運営してみ?商品の説明もブログの記事もメルマガもDMもビデオも、ぜんぶお客さんの問題を解決するつもりで制作してみ?自分のこだわりや趣味は一回横に置いておいて、お客さんの欲求を満たすためだけの目的でショップを運営してみ?

結果にびっくりするぜ。

で、その詳しい方法をくり返し手を変え品を変え解説しているのが、ネットショップ売上げアップ支援サイト、「売上げ底上げプロジェクト」だ。今日読んだ内容を実践して結果が出たらぜひ申し込んでくれ。その数十倍は結果が出る方法をもっとくわしく教えるぜ。

申し込み方法は簡単だ。審査フォームに必要事項を入力して送信してくれ。審査結果は3営業日中に連絡する。

清水


“良い商品なのになぜか売れない...” を最短2週間で解消して売上げを最大2倍にする秘策、5つ

今なら上記タイトルの売上げ底上げマニュアルを無料で進呈中(通常価格:9,800円、Pdf:22ページ、オーディオ:3時間20分)

売上底上げマニュアル画像
  • かっこ良い店を作れば作るほど、逆に貧乏になってしまう理由とその解決策とは?!
  • 客が手ぶらで逃亡する理由をひとつ残らずあぶりだす「死体解剖テクニック」とは?!
  • 飛ぶように売れる店作りの必須ツール「カスタマーアバター」とは?!
  • ストーリーで死に筋商品を復活させる方法とは?!

などなど。

今すぐ下のフォームからご請求ください(期間限定)。定期的にメルマガもお届けします。

迷惑メールは送りませんので安心してお申し込みください。
プライバシーについて

4

次の記事:

前の記事: