同業他社はウハウハ状態なのに、自分のネットショップでは閑古鳥が鳴き続ける理由

他店は売れているのに、なぜか自分の店だけは閑古鳥が鳴いている。原因がさっぱりわからない(T_T)。

そんな店長のショップを拝見すると、トップページだけが妙に充実していて、肝心の商品ページがしょぼかったりする。でもさでもさ、お客さんが購入を決めるのは商品ページだぜ。トップページじゃないぜ。

玄関だけピカピカにして、肝心の部屋がゴミ溜めだったら、はじめて遊びに来た彼女はどう思うよ?ブランド物のかわいいドレスを着てるのに、性格がブサイクだったら彼はどう思うよ?駄目だろ。がっかりだろ。もう会いたくねえだろ。

ネットショップもそれと同じ。表面だけつくろっても駄目なんだ。肝心の中身(商品ページ)が充実してないと、買う気にはなれないんだぜ。簡単な話なのに、意外にこれ理解していない店長多いぜ。

それだけじゃない。

売れない店をよく観察すると、お客さんのリスクが異常に高かったり、ショップの構造やデザインに凝り過ぎていたり、誰が運営しているのかさっぱりわからなかったり、これといった特徴が何も無かったりするんだよ。

これじゃ売れねえよ。

じゃあどうしたら良いのか?!という解決策を書いた記事がこれだ。今すぐチェックしてみてくれ。

清水


この記事をツイートする!
ネットショップ成功に役立つトピックを、ほぼ毎日メルマガでお届けします。日に2回送ることもあります。真剣にレベルアップしたい人だけ購読してください

  1. 一攫千金系・情報商材系を探している人
  2. お小遣い稼ぎのネタを探している人
  3. 商売人のくせに人の売込みが大嫌いな人
このどれかに当てはまる人は絶対に申し込まないように。悪いが俺に君を助けることはできん。ネットショップに人生かけてる人だけ申し込んでくれ。(プライバシーについて
Icon - Secure Lock

次の記事:

前の記事: