同業他社はウハウハ状態なのに、自分のネットショップでは閑古鳥が鳴き続ける理由

他店は売れているのに、なぜか自分の店だけは閑古鳥が鳴いている。原因がさっぱりわからない(T_T)。

そんな店長のショップを拝見すると、トップページだけが妙に充実していて、肝心の商品ページがしょぼかったりする。でもさでもさ、お客さんが購入を決めるのは商品ページだぜ。トップページじゃないぜ。

玄関だけピカピカにして、肝心の部屋がゴミ溜めだったら、はじめて遊びに来た彼女はどう思うよ?ブランド物のかわいいドレスを着てるのに、性格がブサイクだったら彼はどう思うよ?駄目だろ。がっかりだろ。もう会いたくねえだろ。

ネットショップもそれと同じ。表面だけつくろっても駄目なんだ。肝心の中身(商品ページ)が充実してないと、買う気にはなれないんだぜ。簡単な話なのに、意外にこれ理解していない店長多いぜ。

それだけじゃない。

売れない店をよく観察すると、お客さんのリスクが異常に高かったり、ショップの構造やデザインに凝り過ぎていたり、誰が運営しているのかさっぱりわからなかったり、これといった特徴が何も無かったりするんだよ。

これじゃ売れねえよ。

じゃあどうしたら良いのか?!という解決策を書いた記事がこれだ。今すぐチェックしてみてくれ。

清水


“良い商品なのになぜか売れない...” を最短2週間で解消して売上げを最大2倍にする秘策、5つ

今なら上記タイトルの売上げ底上げマニュアルを無料で進呈中(通常価格:9,800円、Pdf:22ページ、オーディオ:3時間20分)

売上底上げマニュアル画像
  • かっこ良い店を作れば作るほど、逆に貧乏になってしまう理由とその解決策とは?!
  • 客が手ぶらで逃亡する理由をひとつ残らずあぶりだす「死体解剖テクニック」とは?!
  • 飛ぶように売れる店作りの必須ツール「カスタマーアバター」とは?!
  • ストーリーで死に筋商品を復活させる方法とは?!

などなど。

今すぐ下のフォームからご請求ください(期間限定)。定期的にメルマガもお届けします。

迷惑メールは送りませんので安心してお申し込みください。
プライバシーについて

4

次の記事:

前の記事: