朝鮮戦争下でアメリカ兵に起こったある事件と、ネットショップ売上げアップの奇妙な関係とは?!

朝鮮戦争下で起こったある奇妙な出来事を君は知っているだろうか。中国共産党の捕虜になったアメリカ兵が、次々と共産主義に寝返ったというのだ。まあそのこと自体は不思議でもなんでもない。嘘でも「共産主義に賛同する」と言わなければ命が危ないのだ。

俺だって同じ立場だったら、資本主義を否定し、共産主義を賛美し、AKB48を神と崇め、苦手なイナゴの佃煮をバリバリとむさぼり喰らうだろう。戦争が終わるまではね。だがしかしだ、妙なことに戦争が終わり国に帰った後も、共産主義に賛同し続ける兵士が続出したというのだ。なぜだ。マインドコントロールか。

ちがう。

一貫性の原理が働いたのだ

一貫性の原理とはなにか。それは、自分の言動や態度に対して一貫性を保とうとする人間の奇妙な習性のことである。一言でいえば、「嘘でも言い続ければ、自分の中でそれは真実になってしまう」ということだ。嘘が真実になる。これ怖くね?!ヤバいよね。

で、もっとヤバいのが、この一貫性の原理をショップ運営に活用することで、売上げを底上げする方法があるってこと。悪用厳禁の超裏技だ。

詳しい話は、数日後に配信予定のセミナーで解説する。メンバーのみの限定配信なので、売上げを底上げしたい君は今すぐ申し込むように。(※このセミナーの公開は終了しました。現在配信中の最新セミナーはここから確認できます

申し込み方法は簡単。審査フォームに必要事項を入力して送信してくれ。審査結果は3営業日中に連絡する。

清水


この記事をツイートする!
ネットショップ成功に役立つトピックを、ほぼ毎日メルマガでお届けします。日に2回送ることもあります。真剣にレベルアップしたい人だけ購読してください

  1. 一攫千金系・情報商材系を探している人
  2. お小遣い稼ぎのネタを探している人
  3. 商売人のくせに人の売込みが大嫌いな人
このどれかに当てはまる人は絶対に申し込まないように。悪いが俺に君を助けることはできん。ネットショップに人生かけてる人だけ申し込んでくれ。(プライバシーについて
Icon - Secure Lock

次の記事:

前の記事: